子どもの口が臭い!原因を知りすばやい対策を

子ども

かわいい我が子。いつまでも一緒にいたいものですね。しかし、いくらかわいい自分の子供とはいえあまりにも口が臭いと悩んでしまいますよね。

子供の口が臭くなってしまう原因は一体何なのでしょうか?

この記事を読めば原因と対策がわかりますよ。

スポンサーリンク

うちの子供の口が臭い!

これは実話です。間もなく10歳になるうちの娘。

以前から口のニオイが気になっていたのですが、最近特に臭くなったような気がします。見たところ虫歯があるわけでもないし、歯磨きも毎食ごとにやらせるようにしています。

親が感じるくらいだから、学校ではもっと気になっている友達がいるんじゃないかって思います。

いじめの原因になってしまわないか心配です。

2,3年前までは何ともなかったのに…。突然臭くなったような気がします。
原因は一体何なのでしょう?

子供の口が臭くなってしまう原因とは?

臭い

子供の口臭がひどくなってしまう原因はひとつではありません。一つづつ確認していきましょう。精神的にまだ未熟なので間違っても「お前、口がくさいね」なんて言ってはいけませんよ。

1.鼻が悪い

アレルギー性鼻炎やちくのう症にかかっていると口呼吸をする時間が増え口腔内が乾燥してしまいます。

だ液には口に入った細菌を退治するはたらきがあり、乾燥することでだ液の分泌量が減ってしまうんですよね。

細菌が増えると菌の発する分泌物により嫌な臭いが生成されてしまいます。

2. 虫歯にかかっている

虫歯があるとニオイの発生源になってしまいます。虫歯菌は歯、そして歯肉を炎症させ臭いを発生させます。

3. 口の中が汚い

歯みがきをしない、またはやっても歯垢が取れていない場合も同様に臭くなります。食べ物のカスがたまっている状態なので臭くなるのは当然といえます。

口の中がキタナイ状態だとまるで生ごみのような悪臭を放つ結果につながってしまいます。

4. ストレス

大人だけでなく、子供だってストレスを感じます。ストレスがたまった子供は体の正常な機能がうまくはたらかなくなってしまう可能性があります。

特にだ液の分泌量が減ったり普段より汗をかくようになるので異臭の原因と言えます。

5. 体調が悪い

体調が良くないと菌への抵抗力が落ちてしまいます。

また、内臓系の病気にかかっていると免疫力の低下から口腔内の細菌量が増えます。特に、現代病である糖尿病にかかっている場合は臭いが酸っぱいようななんともいえない臭いに変化します。

子どもも糖尿病にかかる時代です。早めに気づいてあげないといけません。
小児糖尿病に気づいたら早めに受診を!3つの初期症状をすぐにチェックして!

口臭対策は?

それぞれの原因の対策を見ていきましょう。

「鼻が良くない」の対処法

ちくのう症やアレルギー性鼻炎と診断された場合はかかりつけの病院、耳鼻咽喉科を受診し、適切な処置をしてもらいましょう。

私は子供の頃重度のちくのう症でした。耳鼻科に行けば鼻に謎の吸いとり棒みたいなものを入れられ涙を流し、終了後は吸入器で消毒臭い水蒸気のようなものを何分も吸っていました。

私は飽き性なので通い続けるのがめんどくさくなり、なかなかちくのう症は治りませんでした。悲しい思春期の思い出ですね。

私が治った理由は、実は何もしていなくて大人になってから(30歳過ぎてから)耳鼻科に行ったら「ちくのう症ではありませんね」と言われました。

どうやら思春期の終了、加齢によってもちくのう症が治る場合があるとのことです。

私の場合は自然と治ったわけですが、多感な思春期をつらい思い出にしないよう、キチンと耳鼻科に通院し治してあげてください。

若い頃のつらい記憶はいつまでも心から離れません。

切に願います。

「虫歯、口の中が汚い」 の対処法

虫歯がある場合はまずは虫歯自体を無くす必要があります。歯医者さんで適切な処置をしてもらいます。

虫歯を無くしてからが始まりです。また、小さな虫歯でも気付いたらすぐに対処するべきです。

たいてい痛くなってどうしようもなくなってからやっと歯医者さんのトビラを叩くんですよね。

完治させるのにもより時間がかかるし、辛い思いをするのはお子さんご本人ですからね。

おやつを食べた時もかならず歯を磨くようにします。食事の回数が増えるとそのぶん歯の表面が溶ける時間が増えてしまいます。

おやつを食べる回数を減らし、食べたら磨く。歯垢が残ったら意味が無いので歯医者さんから正しい磨き方を教わり、時間をかけて行います。

私は歯医者さんにデンタルフロスをすすめられました。

理由は、歯間ブラシは衛生面で不利だし、何よりコストがかかるから、だそうです。デンタルフロスは使いきりで衛生的だし、一回あたりの金額も計算すると2、3円レベル。

※使い方にもよります

使い慣れてしまえばデンタルフロスのほうが断然オススメだそうです。歯医者さんが言うんだからその通りなのでしょう。

フロス後はマウスウォッシュで菌の繁殖を防ぎましょう。

「ストレス」の対処法

ストレスの原因は家庭環境や友人関係などさまざまです。夫婦の仲が悪くても子供にストレスを与えることになります。

子供に心配をかけさせないような家庭環境づくり、後は子供の話をしっかりと聞いてあげる。一緒に遊ぶようにする。

体を動かすことで自律神経の働きも上がります。親、子両方に良い影響があるといえますね。

食事が偏っていても体に負担がかかってしまいますね。バランスの良い食事、睡眠をしっかりと摂らせましょう。

栄養の偏り、睡眠不足は免疫力低下を招きます。

「病気」の対処法

病気に関しては特に素人判断は危険です。元気がない、体調が悪そうだなと感じたらすぐにお医者さんに診てもらいましょう。

臭いがきつくなるのにはかならず理由があるはずです。でも素人には原因もわからない場合が多いし、原因がわからなければ対策も立てられません。

スポンサーリンク

親が臭い場合もある

子供が親の臭いを嫌がるようになる場合も当然あります。これは、遺伝子的なもので、親と子供が深い関係(※男女の関係)にならないよう親の臭い(加齢臭)を嫌うようになっているといいます。

▶娘が「臭い!」と言うのは近親相姦防ぐため

特に思春期の女の子はお父さんの臭いを嫌う場合が多いようですよ。よく

「お父さんの入った後のお風呂に入りたくない」
「お父さんキタナイ、臭い!」

と言われるのにはそういった理由があるんですね。

まとめ

子供に対する愛情は変わりませんが、やはり口が臭いと学校で友達に嫌われたりいじめの対象になりかねません。

子どもどうしでは少しでも違う部分を見つけてはいじめのネタにしてしまいがち。

親がしっかりと対処するべき問題であるといえます。

関連記事 朝起きて口が臭い!原因はひとつじゃなかった
納得!口臭の原因となる5つの項目を知ろう