漢字ばかりの文章は読みにくい!読みやすい割合とは?

 

本野 虫夫
本野 虫夫

吾はこの世に生を受けし日より天命を全うすると誓う者なり!

 

漢字ばかりの文章って

 

パン太郎
パン太郎

読みにくい

ですよね。

人も文章も見た目が大事。

 

見た目の良くない文章は次の文を読むのもめんどくさくなってしまいます。

 

印象を良くするためには漢字の使いすぎをやめましょう。

 

見た目の良い文章は「漢字とひらがなのバランス」が絶妙です。

読みやすくて次の文にすんなり入りやすくなる、いわゆる「黄金比率」で書かれています。

 

かつした
かつした

では、漢字とひらがなの割合はどれくらいが正しいと思いますか?

 

じつは、見た目の良い文章は

「漢字が2〜3割」

に対し、

「ひらがなが7〜8割」

の割合で書かれています。

なぜこの比率で書くと読みやすくなるのでしょうか?

まずはマンガでご確認ください。

漫画でわかる「漢字とひらがなのバランス」

 

なぜ漢字3割、ひらがな7割なのか?

漢字3割に対し、ひらがなが7割で書くことで、

「第一印象」

が良くなります。

漢字の多い文章は堅苦しさや重さ、人によっては「暗さ」を感じるなど、印象はよくありません。

逆に、ひらがなだけで書かれた文章は「子どもっぽさ」や「言葉の区切りがわかりにくい」などの問題もあります。

 

漢字が多すぎても、ひらがなだけでも読みやすい文章とは言えないです。

読みやすい文章は「漢字とひらがなのバランス」が重要です。

 

かつした
かつした

「漢字とひらがなの比率 3︰7」
にすることで、第一印象が良くなります。

 

「3︰7の法則」は本当なのか、気になりますよね。

「漢字の多い文」

「ひらがなの多い文」

「3:7のバランスで書かれた文」

をそれぞれ紹介していきますので実際に比べてみましょう。

ひらがなと漢字のバランスの例

【漢字多め】

何れ程人達共感したかかりませんが、僕達意見えるりません

 

【ひらがな多め】

どれほどのひとたちが共感したかわかりませんが、ぼくたちが意見をかえることはありません

 

【3:7を意識した文】

どれほどのたちが共感したかかりませんが、たちが意見えることはありません

 

本野 虫夫
本野 虫夫

なるほど〜!漢字とひらがなのバランスが変わると見た目の印象も変わる。

かつした
かつした

このように、読みやすさを意識すると3:7の法則は正しいと言えます。

もちろん、例外もありますよ

パン太郎
パン太郎

例外?

漢字が多すぎると堅苦しくなりますが、あえて漢字を増やしている文章もあるということです。

たとえば、

我修院 猫吉
我修院 猫吉

吾輩は猫である。名前は我修院猫吉である。

パン太郎
パン太郎

なんか賢そうだな〜。

小説で見たことがあるフレーズですね。

漢字を増やすことで賢いイメージを与えています。

 

けなげくん
けなげくん

ねえおかあさん、あかちゃんはどこからやってくるの?

パン太郎
パン太郎

答えに困るやつ!

ひらがなオンリーにすることで子供っぽさ、やさしさを感じます。

 

ディーン•フジヤマ
ディーン•フジヤマ

ワタクシニホンゴワカラナイデス。

パン太郎
パン太郎

そりゃ仕方ないです

カタカナだけの文章は日本語に慣れていない印象を与えます。

 

伝える人の目的によっては漢字とひらがなのバランスは変わります。

しかし、一般的な見た目の良さを考えてみると「ひらがなだけ、もしくは漢字ばかりの文」は読みにくいと言えます。

あなたが書く文章が子供向けなら、ひらがなだらけの文でも問題ありません。

しかし、そうでないのであれば読みやすさの黄金比率「漢字3に対しひらがな7」を意識すべきです。

 

もし、漢字の使用率が分からないのであれば

漢字使用率チェッカー

を使うと良いでしょう。

文章を入力するだけで漢字の使用率を知ることができます。

まとめ

漢字とひらがなの黄金比率は「3:7」ということが分かりました。

「漢字とひらがな 3:7の法則」

を意識して書くことであなたの文章は読みやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました