タニタ 口臭チェッカーの精度は本当?使ってみた感想

口が匂っていたら困りますよね。臭いにはレベルがあり、我慢できないレベルになってくると不快な思いをする。もはや罪に近いですね。

口臭が気になる人のための自分で確認できるツール、それが「口臭チェッカー」です。

口臭チェッカーは息を吹きかけるとその臭いレベルをイラストやランプの色、点灯でお知らせしてくれます。

口臭チェッカーを検索すると数多く見つかりますが、中でもタニタのブレスチェッカーは使いやすくて臭いレベルも6段階評価されるので分かりやすいと、口コミが多いですね。

信頼性については賛否ある口臭チェッカーですが、本当に臭いを確認することができるのでしょうか?

一番人気、タニタのブレスチェッカーを使って確認してみました。

口臭チェッカーの仕組み

口臭は誰にでもあるものですが、口臭を分析すると揮発性硫化物や炭化水素系ガスが主成分で、この口臭の主成分をはかるのがブレスチェッカーとのこと。
※一部タニタのブレスチェッカー説明書より引用

口臭チェッカーの良い点

口臭チェッカーはコンパクトなものが多く、手軽に自分の口臭をチェックできる点がうれしいですね。

タニタのブレスチェッカーはペン型のスマートな形で一見したら口臭チェッカーだとは分からないですね。体温計のようにも見えます。

実際に使ってみた

こちらがタニタのブレスチェッカーです。

センサー部分にハーッと息を吹きかけるだけで数秒後には判定終了というわかりやすいシステム。

イラストで6段階評価(口臭レベルを良い順番に0~5段階でイラストの表情と共に確認可能)されるので子供でもわかりやすい設計です。

さて、実際の口臭確認ですが。

夕食後に息を吹きかけてみたところ…。※焼きサンマを食べました

出ました!恐怖のレベル4…。

最高レベルが5なのでめちゃくさいって判定ですね。Oh…。

食後なのである程度は覚悟していましたが、かなりへこみますね。

口臭チェッカーの悪い点

口臭チェッカーは手軽に使えるものの、やはり口臭外来にあるような口臭計測器には及びません。

また、実際は臭い人なのに計ってみたらそんなに臭くない判定されてしまう場合があるなど、精度に関しては賛否両論。

あくまでも「口臭が強いか弱いか」を確認するためのツールです。

口臭チェッカーを正しく使うコツ

口臭チェッカーは口の中のガスを判定するものですが、例えば口を閉じたままの状態から突然口を開けて息を吐くと判定にブレが生じる可能性が高くなります。

口を閉じたままにしていると、口の中のガスが充満しているため、口を開けたときに強いレベルの口臭が計られてしまいます。

計測するときは、通常通り口を開けて会話をしているときのような感覚で息を吹きかけることでよりリアルな計測ができると思います。

実際、口を閉じた状態から突然開けて吹きかけたときはレベル4(超臭い)でしたが、

話しかけるような感じで吹きかけたときはレベル3(かなり臭い)になっていました。

どっちにしろ、臭いという判定ではありましたが。

ちなみに、新しいバージョンのブレスチェッカーもありますが(以下参照)、

イラスト表示ではなく、LEDランプの点灯具合で臭さを判定するためちょっと分かりにくいですね。

数字や顔の表情で判定してくれる、今回私が使ったような口臭チェッカーのほうが分かりやすくて良いと思いました。

口臭の原因を減らす方法

口臭の原因の80%以上が口の中にあります。

虫歯がある場合はまず治療する、が前提ですが、たとえば舌の上に付いている舌苔(ぜっけい)を取り除く、食べかす、歯垢を取り除く、エチケットサプリや洗口液などで臭いは緩和されると思います。

まとめ

タニタのブレスチェッカーは人気があるだけあって、分かりやすくて判定もすぐに出るのでとても使いやすいですね。

超臭い判定されてしまうとガッカリしますが、現実を知る良いきっかけにはなると思いました。

タニタだけでなく他の口臭チェッカーもそうですが、あくまでも「臭い、あまり臭くない」程度にとらえた方が良いでしょうね。

タニタの口臭チェッカーの感想
・簡単に口臭チェックができる
・イラスト表示でわかりやすい
・精度はそこそこ
・価格は安い