記事は結論から書くべきたったひとつの理由

記事は結論から書いてください。

理由は「それが読者のためだから」

 

文章力の部屋へようこそ。

今回は記事を毎日一生けん命書いている、または「記事を頑張って書いたけど読んでもらえない」と感じている方だけお読みください。

じつは、読まれない記事の62%以上が「あるルール」を無視して書いているという現実があります。

そのルールというのが、

 

「記事は結論から書く」

というものです。

 

SNSやブログ界においてインフルエンサーと呼ばれる方の7割がこのルールを厳守しています。

なぜ「結論から書く」必要があるのか?

 

それは、結論が読者にとって一番知りたい情報だからです。

 

記事を必死に書いている人、頑張ってつぶやいている人のおよそ6割の方がこのルールを無視しています。

結論から書くというルールを守るだけで、あなたの文章はより多くの人に読まれ、共感し感謝されるものになります。

 

あなたは、「結論から書いたらすぐに読むのをやめてしまうんじゃないか?」と思われるかもしれません。

安心してください。

 

結論を知った読者はあなたに対して好感を持ち、信頼、そして先の文章にも興味を持ってくれるのでそのまま読み進めてくれます。

結論を後回しにすると最後まで読む前に飽きてしまい、結論まで読んでもらえない確率が上がります。

時間は有限です。

読んでくれる方もたいせつな時間を使っています。

だれでも早く「結果」を知りたいのです。

 

この結論から書くルールは今後、あなたが書く記事、つぶやきに大いに役立ちます。

このルールを知らなかった、知っていたけどそこまで意識していなかったという人はすぐに実行してみてください。

記事の反応が変わるのは明確です。

 

やることはシンプルです。

記事を書く順番を変えるだけ。

結論→理由→具体例→結論

結論から書くだけであなたの記事はより多くの方に読んでもらえ、信頼、そして感謝の気持ちを込めて拡散されることでしょう。

思い立ったら即行動。

これから書く記事にぜひ取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました