LINEのお友だち限定で読める記事も。

記事は結論から書くべき?その理由とは

記事は結論から書くべき?

一体なぜ?

その理由を知るカギは「PREP法」にあります。

 

PREP法とは、

結論→理由→例→結論

といった流れで書くライティング術です。

結論から書くので、読んだ方はすぐに検索目的を果たすことができます。

読んでくれた人が満足し、あなたを信用する。

 

これこそがまさに「結論から書くべき理由」なんです。

 

この記事では、PREP法がどういったものか分かりやすくするためにPREP法の型をそのまま文章にしています。

 

読んでいて堅苦しいな〜と感じた方は、PREP法をマンガ付きで解説した記事がおすすめです。

【マンガでわかる!PREP法】

PREP法を知ればあなたの文章は加速する
文章が加速する? それ一体どういうこと? そう思ったあなたは正しいです。 実際、文章にはタイヤも無ければエンジンもありません。 ましてやハンドルさえも。 そうです。 これはいわゆる「例え話」。 ...

それではさっそく、PREP法で書かれた文章を読んでみてください。

「なんだ、こんなに簡単なのか!」とビックリされるはずです。

記事は結論から書く

記事は結論から書いてください。(結論)

理由は「それが読者のためだからです」(理由)

実際に、インフルエンサーと呼ばれる方のつぶやきを見てもらえるとわかりますよ(例)

結論から書くことで読者はあなたを信用し、興味を持ってくれます。(結論)

 

「記事は結論から書く」

結論 Point

SNSやブログ界においてインフルエンサーと呼ばれる方の7割がこのルールを厳守しています。

理由 Reason

なぜ「結論から書く」必要があるのでしょうか?

 

それは、結論こそが読者にとって一番知りたい情報だからです。

例 Example

記事を必死に書いているのに最後まで読んでもらえない人、毎日有益な情報をつぶやいているのにスルーされてしまう人。

彼らの多くが、このルールを無視しています。

結論 Point

結論から書くというルールを守るだけで、あなたの文章はより多くの人に読まれるようになります。

もしかしたら、あなたは「結論から書いたら途中で読むのをやめてしまうんじゃないか?」と思われるかもしれませんね。

 

安心してください。

 

結論を知った読者はあなたに対して好感を持ち、信頼し、先の文章にも興味を持ってくれます。

信用できる文章は、そのまま最後まで読みたいと思うものです。

むしろ、結論を後回しにすることで最後まで読む前に飽きてしまい、結論まで読んでもらえない確率が上がります。

 

時間は有限です。

 

読んでくれる方もたいせつな時間を使っています。

 

だれでも、いち早く「答え」を知りたいのです。

 

結論から書くルールを知っておけば今後、あなたが書く記事、つぶやきも大幅に改善されるでしょう。

結論から書く。

このルールを知らなかった、知っていたけどそこまで意識していなかったという人はすぐに実行してみてください。

Twitterのつぶやきでもnoteの執筆でもいいです。

反応の違いを実感できるはずです。

難しい話のように聞こえるかもしれませんが、やることはシンプルです。

 

記事を書く順番を変える。

これだけ。

 

結論→理由→具体例→結論

まとめ

結論から書くだけであなたの記事はより多くの方に読まれ、信頼し、そして感謝の気持ちを込めて拡散されることでしょう。

思い立ったら即行動。

すぐに取り入れてみてください。

面白いくらい文章が変わってきますよ。

【PREP法をマンガで解説!】

PREP法を知ればあなたの文章は加速する
文章が加速する? それ一体どういうこと? そう思ったあなたは正しいです。 実際、文章にはタイヤも無ければエンジンもありません。 ましてやハンドルさえも。 そうです。 これはいわゆる「例え話」。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました