「伝えたいメッセージは1つに絞る」その理由とは?

こんな悩みを抱えていませんか?

「伝えたいことはたくさんあるのに、なぜかうまく伝えられない」

「伝わっているか不安」

「書いているうちに、自分でも何を言ってるのか分からなくなってきた…」

色々伝えようとすればするほど何が言いたいのか分からなくなってしまいます。

当然、読んだ人も「結局、この人は何が言いたいの?」と思ってしまいます。

そんなときは

「1文で伝えるべきメッセージは1つだけに絞る」

ようにしましょう。

これだけで、あなたの文章はもっと伝わるようになります。

マンガでわかる「1つだけに絞る理由」

パン太郎
パン太郎

真実はいつもひとつです

我修院 猫吉
我修院 猫吉

ワンメッセージ、ワンアウトカムだな

ワンメッセージ ワンアウトカムとは?
・ワンメッセージ(One Message)…1文で伝えるメッセージは1つだけ

・ワンアウトカム(One Outcome)…読んだ人の行動は1つ

1つの文章の中で伝えるべきメッセージはひとつ。

そして、その文章を読んだ人の行動もひとつなのです。

 

伝わらない「自己チュー」な文章

伝えたいメッセージが多い文章は

色々と伝える

結局何が一番言いたいのかわからない

何も伝わらない

となってしまいます。

色々言いたくなる気持ちもわかりますが、自分の言いたいことを好きなように言ってるだけでは単なる「自己満足」に過ぎません。

残念ながら、自己中心的な人の発信するメッセージに振り向く人はほとんどいないでしょう。

ジョブズも使ってた!「ワンメッセージ」の重要性

こんな逸話があります。

その昔、アップルがiMacというパソコンを世に出そうとしたときのことです。

スティーブ・ジョブズはiMacの素晴らしさの全てを1本のコマーシャルの中に詰め込みたいと思いました。

彼が伝えたいのは「デザイン性・操作性・画面の美しさ」。

しかし、CMの長さはたったの30秒。

どうやったらその全てを視聴者に伝えられるか?

「ギュッと詰め込むいい方法、なんか無いかなあ?」

ジョブズは、あるクリエイティブディレクターにどうしたらiMacの魅力を伝えられるかを相談しました。

すると、そのディレクターは突然、丸めた紙を5個、ジョブズに向かって放り投げたのです。

当然ですが、ジョブズは突然のことに激怒しました。

すると、ディレクターはこう言ったのです。

「ヘイジョブズ、ユーは今の紙の玉をいくつ受け取ったんだい?」

ジョブズが受け取れたのはたったの1個だけでした。

〜〜〜

この逸話が示すように、紙の玉(メッセージ)をたくさん投げても、受け取れる数には限界があります。

多くのメッセージを伝えても、受け取り側がしっかりキャッチできなければ意味がありません。

つまり、伝えたいメッセージが多い文章は、受け取り側の気持ちを考えていない文章です。

受け取り側の気持ちを考えない文章は「ひとつも伝わらない文章」になってしまいます。

伝わらない文章の例

【修正前】

僕はカレーが大好きなのですが、辛さと具の量、そして味も重要ですしジャガイモが入ってないとそれだけでガッカリしますし全然食べたいと思わないです。そんなカレーは大嫌いです!…まあ食べるんですけどね。

この文章では、カレーが大好きだと言っておきながらジャガイモが入ってないカレーは嫌いだと言っています。

結局、この人は何が言いたかったのでしょうか…。

わかりやすい文章にするために、この文章を「ワンメッセージ、ワンアウトカム方式」で修正していきましょう。

メッセージを1つに絞った例

【修正後】

僕はカレーが大好きです。

カレーの醍醐味はなんといっても辛さ!

そして、具の量もポイントです。

特に、ジャガイモの入っているカレーは最高ですね。

もちろん、入ってなくても食べますが。

いかがでしょうか?

「伝えるべきメッセージを1文につき1つだけ」

に絞ったおかげで、読みやすい文章になったと思います。

まとめ

伝わる文章を書くポイントは

・伝えたいメッセージは一文につき一つだけにする

伝えたい気持ちが大きくなるほど、あれこれ詰め込んでしまい、逆に伝わりにくくなってしまいます。

書く側としては、
「自分の体験談」をついついたくさん伝えたくなってしまいます。

しかし、読む人からしてみたら全ての話に興味があるわけではありません。

言いたいことばかりゴチャゴチャと伝えていたら「そんなん知らんがな!」と思われてしまうかもしれません。

「1つの文章で伝えるべきメッセージは1つだけ」

伝えたいメッセージが多いときは文を分けて、それぞれ、ひとつの内容だけ伝えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました