口内炎になったときのおすすめのはちみつと塗り方

honey-386714_640

口内炎には昔からはちみつが良いっていいますよね。理由は栄養価が高い点と傷口をコーティングしてくれるからだと考えられています。

甘くておいしいはちみつは子供にも評判が良いです。
しかし、患部に直接塗ると痛い!って話も聞かれますが実際はどうなんでしょう?

今回は口内炎になったときのはちみつの塗り方についてまとめてみました。

はちみつの効果

楽太郎

口内炎?塩でも塗っときゃなおんべ~

なんだか田舎の荒治療的なイメージがありますが、たしかに塩うがいはのどにも良いですよね。

▶口内炎に塩うがいは効果があるのか?

痛くてつらい口内炎はなるべく早く治したい。塩塗りは無理でもうがい程度なら続けられそうですね。

「いやいや塩は痛くて続かない、しょっぱくて嫌よ!」

って人ははちみつをためしてみてはいかがでしょうか?

はちみつにはもともと殺菌効果、そして炎症を抑える作用があるのでじつは口内炎にも良いって言われていますね。
実際に患部に塗っている人も多いのです。

はちみつの殺菌効果についてですが、高濃度の糖分が細菌から水分を奪ってくれるので菌を減らしてくれるのです。
水分の無い状態で細菌は暮らしていけませんからね。

また、傷口をコーティングして更に菌が侵入するのを防いでくれるともいいます。

噛んでできた場合やストレスや仕事の疲れで栄養バランスが崩れてしまったときにははちみつを試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに口内炎には種類があるので、ウイルス性を疑う場合は直接病院で診てもらったほうが無難です。
▶口内炎って何種類あるの?

はちみつの塗り方

昔から行われてきたいわゆる民間療法のはちみつ塗り治療。
やり方はいたって簡単です。

患部をティッシュなどで拭いてキレイな状態にしてから

キレイに洗った指や湿らせた綿棒にはちみつを取り、そのまま患部に塗るだけです。

どうですか?とっても簡単ですよね。

はちみつの実際の効果については実際に実験された報告がありますので参考にしてみてください。

口内炎はハチミツで治る。治療薬以上の効果を大学が実証

ではさっそく我が家でもやってみよう、子供も甘いはちみつなら喜んで塗ってくれるだろう…と思ったあなた、ちょっと甘いです(はちみつだけに)。

実は、患部にはちみつを塗るとものすんごく痛いんです。
ヘタしたら塩よりも。

大人でも痛いので子供だったら「ギャー」と叫んでしまうレベルでしょう。

なるべく痛くないようにはちみつを使うなら、水で薄めるか、はちみつ水でうがいをする方法が良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

●水で薄める方法

はちみつ1に対し水3で薄め、綿棒に染みこませて患部に直接塗る

●はちみつ水でうがいする方法

水100ml(グラス半分)に対し、小スプーン一杯ぶんのはちみつを溶かす。うがい後は歯磨きを忘れずに。

ダイレクトに塗るよりは効果は落ちますが、痛みに耐えられないって場合は参考にしてみてくださいね。

注意点

1歳以下の子にはちみつを与えるとボツリヌス菌による食中毒の心配がありますので試す際は必ず年齢をご確認ください!

殺菌効果が高いとされるマヌカはちみつ

はちみつはおいしいだけではなく、菌に対する効力があるとわかりました。さらに強い殺菌効果という面でマヌカはちみつが有名になりましたよね。
マヌカハニーはニュージーランドにしか採取できない上に、採れる期間も短いのでとても貴重なハチミツです。

マヌカハニーの存在が日の目を当たるようになったのは、昨今街をさわがしている「ピロリ菌」の存在が大きいです。ピロリ菌は胃の中にある細菌で感染すると下痢や胃の不快感、潰瘍になる場合もあるといいます。

日本人に多く、しかも50パーセント以上の日本人がピロリ菌に感染していると言われています。

じつは、強力な殺菌能力のあるマヌカハニーがピロリ菌退治に一役かっているというのです。はちみつの殺菌力に驚きますね。

ちなみに、マヌカハニーには賞味期限という概念が存在しないといいます。というのも、強力な殺菌能力があるため常温保存でも菌が繁殖しないためです。もちろん、環境に依存する部分はありますが、基本的に賞味期限が無いのです。

お菓子の材料というイメージがつよいはちみつですが、マヌカハニーの存在によって口内炎へのはたらきも再注目されているのです。外出先でも手軽に飲めるサプリタイプのマヌカハニーも注目をあつめていますよね。

健康は体の中から。健康維持には食べ物から考える必要がありますね。

まとめ

はちみつはトーストやホットケーキに塗ったり、水や牛乳に溶かして飲んでも美味しいので一家に一瓶あると便利。

殺菌効果もあり保存も効くので口内炎をとにかくはやく治したい!って人は今回の方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。
オススメの関連記事 口内炎はビタミン豊富な飲み物で改善しよう
口内炎でしみない食べ物って何?痛くない食事はこれだ