ストレスをためる人の特徴ベスト4!解消する方法もどうぞ

ストレス

ストレスはためておくと良くない。当たり前の話だけどどうにもうまくいかず時すでに遅し。

気付けばもうすでにストレス。考えないようにしよう気にしないようにしようと思えば思うほど…。

気にする人ほどストレスをため込みやすいものですね。

ため込めば当然、発散する必要があるわけで発散する場を間違えればもう大変な事態を招いてしまいます。またストレスが原因で腹痛を起こしたり、人によっては頭痛吐き気をともなう場合もあるのです。

ストレスフリーな人生が最高ですが、にんげんだもの。そんなうまくいくわけがありませんよね!

今回はストレスを溜め込みやすい人の特徴と解消する方法をご紹介します。

あるあるな話ばかりですが参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

ストレスをためやすい人の血液型?

人間関係や仕事のつらさでストレスをため込む場合は多い。

落ち込んでいては日々のくらしもままならず、つまらない毎日を過ごす結果になってしまいます。

よく血液型O型の人はストレスをためにくく、逆にA型はため込みやすいなんていうけど合っている人もいればそうでない人もいるわけで血液型だけを信用するのは考えものですね。

ストレスをためやすい人には血液型とは別の、もっとわかりやすい特徴があります。

以下にまとめたので参考にしてみてくださいね。

ストレスをためやすい人の特徴ベスト4

ストレスがすごい

第4位

ネガティブな人

何でもマイナスに考える通称ネガティブ人間はストレスのかたまり。

「私には無理」「どうせ頑張っても…」「うまくいくはずがない」

ネガティブは尾を引いていつまでも暗い気持ちが続いてしまいます。

暗い気持ちそれ自体がストレスになり体と心の休まる時間を奪い取ってしまうのです。

やる気がでない

第3位

ノーと言えない人

できないことは出来ない。そう言えるほど社会はやさしいものでなく、結果NOが言えない人が増えています。

自分の気持ちを言葉にできない、心とは裏腹の返事をしていれば当然ストレスにつながります。

第2位

自分の地位にしがみつく人

上司の立場にある人、会社の経営者など人を使う立場の人はその役割を維持するために自分の心を押しつぶして仕事に精を出します。

仕事が生きがいで趣味もろくに無い人は要注意。

定年後や突然のリストラにあったとき一気にストレスが爆発する危険性があるのです。

第1位

責任感の強い人

他人思いでやさしく、仕事はしっかりこなしミスをしない。

責任感が強い人は自分が思うよりも大きなストレスを抱え込みがちです。

完璧主義では心の休まる時間がありません。

自分がいないと会社に迷惑がかかってしまう…。一人いなくなっても会社は潰れませんし、そんなシステムになっている会社自体が問題です。

責任感が強いのも良いですが自分の体が一番大切です。大切な人がいるならなおさらです。

ストレスを解消する方法

人によりストレス解消法は違いますが心のバランスを取るための方法は知っておくべきで実践することで自分に合ったストレス発散法がわかるはずです。

以下のストレス解消法を実践してみて自分に合った発散方法を続けてみましょう。

・一人カラオケで熱唱!

・ジョギング

・感動する映画を観る

・ポジティブな人と一緒に過ごす

・仲の良い友達と遊ぶ

・癒し系音楽を聴く

・ペットを飼う。

・動物園に行く

・お香をたいてゆったり過ごす

・美味しいものを食べる

・よく寝る

・涼しい時間帯に散歩する

スポンサーリンク

まとめ

ストレスをためやすい人は基本的に真面目な人です。

真面目は良いのですがストレス発散の仕方がわからない状態のままだと真面目にストレスも貯めていくことになってしまいます。

悩みの無い人はいませんし、テキトーに過ごしてもテキトーな人間に見られてしまうものです。

ストレスに対抗するために一番大切なのは健康な体作りであり、健康で活発な人はポジティブ思考になりやすいです。

ポジティブな人はストレスに強くネガティブな気持ちも早めにふっ切れます。

ストレスは心の持ち方に深いつながりがあるのでまずは

体を動かす→健康体

からはじめていきましょう。