夢で美味しいもの食べていたら口内炎になっていた話

口内炎

CYMERA_20160106_200037 (1)
※当ブログでは色々なキャラが登場します

こんにちは。野土 のどかです。

突然ですが質問です。あなたにとって口内炎とは何ですか?

食べすぎの警告?体調が悪い合図?

人それぞれ違うと思いますが、私にとって口内炎は「おいしいものが食べられなくなる症状」です。

今回は私の身に起こった恐ろしい口内炎の夢をご紹介します。

朝起きたら…5ヵ所も!?

悲劇は突然。なんの前触れも無く起きるものです。

それは私が12歳の誕生日を迎えた朝のこと。

目覚めたのはアラームが鳴ったからでも地震でびっくりしたからでもない。

あまりの口の中の痛み、激痛に目を開けるしかなかったのです。

唇に嫌な痛みを感じ、おそるおそる鏡を見ると…。丸くて白くてブキミな奴ら。

間違いない。こやつらの名前は泣く子もさらに泣く…。

口・内・炎!

それも…ひとつ、ふたつ…

ええっ!?5個も!

私は泣いた。そう、心のなかで何度も叫んだ。

「私が一体何したって言うのよ?」

「こんなの…アリ!?」

おねがい嘘だと言って…。

口内炎の原因は一体なに?

思い当たるフシは全くない…わけではありません。

実は、寝てる間にを見ていました。

夢の中の私は今まで見たこともないごちそうをたくさん食べていました。

夢のような時間(夢です)が繰り広げられ、私は幸せいっぱい、最高の人生を堪能していたのです。

しかし、夢のなかでは不思議なことがおきました。

超高級松阪牛のスキヤキを食べているハズなのに、全然噛みきれないんですよ。何度噛んでも全然食べられない。

硬いはず無いのに。

少し鉄のような味がしたんですが、とにかく飲み込むこともできないんです。

まるでもちを食べているような感覚がありました。

その後目が覚めると口内炎…。

まあ、後から気づいたんですが、あれはお餅じゃなくて私のだったんですよね。

食欲と痛みの戦い

くちびるを噛んでからの2週間。

それはそれは悪夢のような日々が続きました。

食欲はあるのに口が食べることを拒否する。目の前にニンジンをぶら下げられた牝馬のように、いくら口のなかに入れようとしても入り口で拒まれる。

私は食べたくても食べられない、泣きたくなるような人生を送っていたのです。

こういうときに限って、給食では大好物のカレーが出たり、夜はキムチ鍋(これも大好物)、次の日は回らないお寿司屋さんに行ったり…。

神さまのイタズラ。あなおそろしや。

でもやっぱり無理して食べて、またもや「ガリッ!!」とね…。

いま考えると、あの夢はと口内炎の予兆だったのかもしれません。

[ad#co-1]

まとめ

 

のどか

のどかです。

2週間ほどで口内炎は治りましたが、それにしてもつらい日々でした。

できることならもっと早く治したかったです。

あれから…。

私はチョコラBBを飲むようにしました。

チョコラBBを飲むようになってからあまり口内炎にならなくなったような気がします。やはりビタミンは必要ですね。

たまにですがエーザイの美チョコラが無料でもらえるなんていうキャンペーンもやってるみたいです。

口内炎対策は人それぞれ違うかもしれませんが、くれぐれも何度も同じところを噛むのは気をつけましょう。

治りが遅くなってしまいます。

あと、夢の中で餅を食べているような感覚があったら要注意。それ、唇かもしれませんよ?

コメント