LINEのお友だち限定で読める記事も。

マンガでわかる!ザイオンス効果

ザイオンス効果…単純接触効果、またはザイアンス効果とも呼ばれます。

内容

何度も繰り返し接触することで好感度や信頼、評価が高まる効果。

由来

1968年にアメリカの心理学者であるロバート・ザイアンスが発表した論文「熟知性の原則」に由来。

具体例

・「いいね」が多い投稿(ツイッター、インスタグラムなど)は上位表示されやすい
・毎日同じコマーシャルが流れると、コマーシャル内の商品が気になる、または欲しくなる
・毎週観ているドラマの俳優さん、女優さんを好きになる

解説

最も身近なザイオンス効果の例は、テレビCM(コマーシャル)です。

CMは一定の期間、何度も繰り返し目にするので最初は興味を持たなかった人でも少しずつ興味を持つようになります。

例えば車のCM。

CM内で流れる壮大な音楽、そして優雅に運転する俳優さんに自分の姿を投影し、その車を買った後のしあわせな自分を想像するのです。

注意点

ザイオンス効果が通用するのは「まだ好き嫌いが決まっていない段階の人」に、”ほぼ”限定されます。
※「ほぼ」の理由はこの後にお伝えします

たとえば、すでに嫌いになっている俳優さんが出ているCMを何度も見せられたら、より嫌いになってしまいますし、CMで乗っていた車も欲しいと思わないでしょう。

牛丼が食べられない人に「牛丼は◯野屋!」と繰り返し言っても全然響きません。

ザイオンス効果は「好き嫌いがハッキリ決まっていないと思われる状態」で威力を発揮します。

ですが、例外もあります。

たとえば、ドラマに登場する俳優さんが嫌いだったとしても、毎週観ていたらだんだん好きになったという場合もあります。

演技がうまかった、意外とカッコいい面もあるんだな〜…など。

もちろん、ドラマ内の役が悪役だったり嫌われキャラだと最悪ですが。

漫画でわかる!ザイオンス効果

まとめ

内容何度も繰り返し接触することで好感度や信頼、評価が高まる効果。
由来1968年にアメリカの心理学者であるロバート・ザイアンスが発表した論文「熟知性の原則」に由来。
毎日同じコマーシャルが流れると、コマーシャル内の商品が気になる、または欲しくなる

コメント

タイトルとURLをコピーしました